小学生向けの夏休み読書感想文の書き方・上達法情報

小学生向けの夏休み読書感想文の書き方・上達法について

 お子様にとっては、楽しい夏休み!

しかし、楽しいはずの夏休みに、気持ちに暗雲が広がるのは、現実の宿題の山を目の当たりにした時ではないでしょうか。

漢字や計算プリントなどの宿題は、頑張ればどんどんこなしていくことができますが、この読書感想文だけは、「いつ終わるのか???」

原稿用紙を眺めるだけで、手が止まっていると、考えているのか、それとも上の空なのか、判断付かない光景ってこと、毎年の風物詩になっていませんか?


 この小学生の作文や感想文は、今後、テストの記述式問題や小論文、社会人になってからは、報告書やプレゼンテーションの原稿などにも繋がっていくものなので、おろそかにできないものなんです。

ぜひ、簡単なステップから、夏休みの宿題がスラスラと毎年書けるように、日々、日記や作文などで練習しましょう!


小学生向け作文通信教育講座【ブンブンどりむ】販売サイトへ

小学生向けの夏休み読書感想文の書き方・上達法 ステップ@ 本の選び方

【感想文を書き易い本の選び方について】
ポイント@お子様の興味のある本を選ぶ
 読書感想文は、選んだ本によって書き易さが異なってくるものです。

ラクに書き上げるためには、お子様の興味のある分野の本を選ぶことが、最も重要です。

興味が湧かなければ、読書中にも、気が散ってしまいますが、興味のある本ならば、引き込まれるように読み切ってしまうでしょう。

ポイントA課題図書など、優良読書などから選ぶ
 興味があれば何でもいいのかというと、そうでもありません。

読書内容が幼稚過ぎたり、感想を述べにくい内容であると、作文が苦手なら、なおさら、感想文を書きにくくなってしまいます。

一つの目安としては、本の背表紙などに、全国学校図書館協議会選定図書、日本図書館協会選定図書、課題図書、○○賞受賞など、何らかのその本に対する評価がされているものから選ぶと、読書感想文にふさわしい内容であることが分かります。

また、毎年、読書感想文のコンクールでは、「課題読書」が決められますので、その中から選ぶか、また、慣れないうちは、過去の課題読書で、自分の学年よりも低いものを選んで、「自由読書」として書くのもいいかもしれません。

それでも、読書や感想文が難しいようなら、教科書にのっているような本(教科書を読んだだけで、感想文にしてはいけない決まりがあります)や、ロングセラーの本の中から、選んでみるのもいいと思います。ロングセラーの本は、親が子供のころから知っている有名本や、印刷が何判も刷ってあるようなものです。

低学年のうちは、冒険ものやファンタジー、科学の本などが書き易いと思います。本の主題(テーマ)として、物語なら、勇気・友情・信頼・親子愛などが描かれていれば、それを切り口にすることができます。また、伝記物や科学の本なら、読んで得られた知識や科学者の生き方や人生観などを切り口に、書き易くなります。

慣れてきたら、中・高学年になるにつれて、命をテーマにした戦争や差別、動物の殺処分、盲導犬や障害者テーマ、文学作品、社会問題など、少しづつテーマや読む本をレベルアップしていけるようにしましょう。

本のテーマは、はっきりしていればしているほど、切り口が見えやすくなり、書き易くなります。

そうして、最終的に選んだ本の「選んだ理由」をメモしておきましょう!

〈PR〉小学生向け作文通信教育講座【ブンブンどりむ】販売サイトへ小学生向け作文通信教育講座【ブンブンどりむ】でも、
子どもに読ませたいオススメ図書(121冊)や、
夏休み読書感想文の書き方が上手くなる秘訣なども紹介あり!

小学生向けの夏休み読書感想文の書き方・上達法 ステップA 作文を書く前の準備

 ※感想文を書く前の準備として、”付箋紙”と”作文メモ”を用意しておきましょう!

【付箋紙で印しを付けておこう!】
本を読み終えた後、「この場面が面白かった!」

と、そこを書きたくても、どこに書いてあったか分からなくなってしまうこともしばしば見られます。

小学校低学年の場合は、文字数も少ないので、読んだ後からでも探せるかもしまれません。何を書くか検討するために、心に残った印象深い話のあるページや、参考になった個所、物語の重要な展開シーンのある場所など、付箋紙を貼りながら、しっかり、チェックをしながら読み進めるようにしましょう。

【読み終えた直後の感想をメモにとろう!】
 読み終えた直後の感想も大事です。
小学校低学年のうちは、親が、インタビューをしながら、感想をメモしてあげるのもいいかもしれません。インタビュー内容は、箇条書きにしながら、以下の手順でサポートしてあげましょう。

・読み終えた感想は?(※「おもしろかったぁ〜」など、抽象的内容でもOK!)
〔例〕・どんな場面から、そう思ったの?(具体的内容をどんどん細かく書きだす)
   ・どうして、その登場人物は、そんな行動をとったのかな?
   ・どうして、その登場人物は、そんな風に考えたのかな?
   ・自分の身近にも、似たような出来事はあるかな?

そのほかにも、
・もし、自分だったら、その時どう感じたかな?
・もし自分だったら、その時、どう行動したかな?
・この本を読んで、今後の自分に何か参考になったことはあった?
・この本を読んで、今後、自分も気を付けたいと考えさせられたことは何かあった?

「結論」を考える
・この本を読んで、○○ということが分かったので、自分も××を頑張っていきたい。
・この本を読んで、○○に感動しました。だから、自分も××できるように心配りできる人になりたいです。
・この本を読んで、○○はよくないと思いました。そのために、今の自分が出来ることを考える良い機会になりました。
・この本を読んで、○○することは、素晴らしいことだと思いました。もっと、自分もそのようにふるまえるように、勇気を出して行動できるように、努力していきたいと思いました。
・この本を読んで、○○がこんなに苦労して開発されたことを知りました。もっと身近な持ち物を大切にしたいという思いでいっぱいになりました。

など、読んだ本から、前向きな感想の結論で締めくくれる一言を考えてみましょう!

〈PR〉小学生向け作文通信教育講座【ブンブンどりむ】販売サイトへ来年の小学生向けの夏休み読書感想文で、困らないために!

小学生向けの夏休み読書感想文の書き方・上達法 ステップB はじめ・なか・おわり

出来上がったメモから、『はじめ・なか・おわり』を考えてみましょう!

 【はじめ】・・・ステップ@の『本を選んだ理由』を書きます。

 【なか】・・・ステップAの『作文メモ』から、心に残った場面や自分が考えたことや、感じたことなどを1つから2つ選んで書くようにします。

 【おわり】・・・ステップAの『結論』を書きます。
という流れで、作文メモを使って書いていきます。

【注意すること】
ステップAで、書きだした作文メモを、すべて感想文の中に詰め込むと、まとまりの無い文章になってしまいます。

【なか】は、【なか@】と【なかA】くらいに分けて、作文メモから2つ分くらいまでの話しが、読みやすく、まとまりのある文章になります。

【なか@】には、最も言いたいものを選び、【なかA】には、追加でさらに入れたいものをいれます。慣れるまでは、または、低学年のうちは、【なか】1つで大丈夫です!

【なか】に入れる内容を選ぶ時、2つのパターンがあります。

☆1つ目・・・ストーリーの良い点・面白かった点などを2つ、【なか@】と【なかA】に入れる。(【なかA】の書き出しとして、「さらに」「そのほかにも」などと、追加的に続くパターン。)

☆2つ目・・・ストーリーの良い点・面白かった点などを【なか@】に、ストーリー中の問題点・主人公の過ち・良くない行いについて気付いたことを【なかA】などに書く。(【なかA】の書き出しとして、「一方では」「しかし」「ところが」など、【なか@】とは、対称的な話し・エピソードを取り上げるパターン。)

※【なか】は、作文の中で、言いたいことを伝える最も重要な中身です。

例で、作文を”サンドウィッチ”に例えると、

【はじめ】と【おわり】は、パンの部分で、表現も全体をまとめて考えた抽象的表現で書くとすると、【なか】は、サンドウィッチの”具材”に相当します。

より、思った事を具体的に書き上げることで、自分の考えや思いを伝えます。

その時に、具体的な内容が、「ツナ・たまご・カツ・トマト・ハム・コロッケ・・・」など、具材が多すぎるサンドウィッチは、一体これは、「カツサンド」なのか「ツナサンド」なのか?分かりにくく、味もバッティングして、おいしいかどうか??

作文や感想文も、それと同じで、言いたいことは適切な量に絞り、絞った話しに、具体的な表現(本の中の感動した場面のあらすじや、自分の思い、もし自分だったっらなどの仮説などを盛り込むことで、選んだ作文メモの話しを広げて書くようにするといいでしょう。)

〈PR〉小学生向け作文通信教育講座【ブンブンどりむ】販売サイトへ小学生向けの夏休み読書感想文の書き方を上達するためには?

小学生向けの夏休み読書感想文の書き方・上達法 ステップC 文法のチェック

【文法チェック!】
作文メモから『はじめ・なか・おわり』を入れた後は、親が文法をチェックしてあげましょう!

最初のうちは、多くは、赤ペンで修正してあげるといいでしょうが、少しずつ、どこを意識して書くようにすればいいのか、指摘してあげるといいと思います。


特に、気を付けたい項目は、以下のようなところです。

誤字・脱字

すでに習っている漢字を平仮名で書いていないか?

主語と述語はつながっているか?

「〜で、〜だし、〜だったので・・」など、文を区切らずに何行にも渡って書かれた長い文になっていないか?

正しい接続詞が使われているか?

「〜と思いました。しかも、〜と思いました」など、同じ表現が何度も繰り返られていないか?

違う表現をしながら、同じことを繰り返し言っていないか?

原稿用紙の使い方は、正しいか。また、文章の量は、適切か?(最終文字数は、原稿用紙の80%以上を目標に!)


など、チェックをしてあげましょう!

このような文法を少しずつ意識して書くように努力する一方で、表現力や語彙を増やしていけば、将来、あなたのお子様は、素晴らしい文章力を身に着けることができます。

〈PR〉小学生向け作文通信教育講座【ブンブンどりむ】販売サイトへ記述・作文・感想文が苦手だったお子様が得意になった理由は、こちら!
小学生向け作文通信教育講座【ブンブンどりむ】販売サイトへ

このサイトでは、小学生向け作文通信教育講座【ブンブンどりむ】について、人気の理由・おすすめなポイント・選ぶ時のポイント!・商品の特長や短所、実際にご使用された方の口コミ・評判・評価・感想・レビューなどの情報や、受講して良かった点・悪かった点のまとめなどを、小学生向け作文通信教育講座【ブンブンどりむ】公式サイト、多数のブログ、インスタ、比較サイト、YouTube、Twitter、Facebook、口コミサイト、ヤフー知恵袋、教えてgooQ&Aなどで調査し、随時更新して掲載していきます。  また、サイト訪問者の方々が【ブンブンどりむ】の受講を申し込みの際に、授業内容やカリキュラム、入会特典や受講できる地域、お試し・サンプルの取り寄せ、体験授業などの有無、入会退会の際の手続き方法と期間、入会金・テキスト費用・オプションなどの別途費用の有無、受講費一括払いによる料金が安くなる月謝・月額費用の差額の比較、お得な条件などの情報を調査し紹介する予定です。